near.nippon (ニアーニッポン)

  • Facebook
  • Twitter

INFO

September 2021 ARCHIVE

GINGER 11月号掲載

発売中のGINGER 11月号p.38に、グラデーション柄バイアスマキシ丈スカートを掲載いただきました。
桐谷美玲さんに着用いただいています。

GINGER11月号表紙[15912].jpg

P038[15913]-1.jpg
P038[15913].jpg


ユーカリの木材を特殊な溶剤で溶かして作られる再生繊維セルロースを使用したスカート。
しなやかな肌触りと上品な光沢感を持ち、とても着心地のよい生地です。
さらに繊維を作る際に使用する溶剤も回収して再利用するため、
廃液が排出されない環境にも優しい素材です。


オリジナルのプリントは、大理石をモチーフにしたグラデーション柄。
「石」の普遍的なイメージで、今シーズンのテーマ「TIMELESS」を表現しています。

24.jpg

IMG_2634.JPG

伝統的な友禅染の技法を用いて、京都の染色職人が丁寧に手作業でプリントしています。
手作業ならではの奥深い味わいが楽しめます。

Marisol 10月号掲載

本日発売のMarisol 10月号p.86に、ビッグスリーブミリタリーブルゾンを掲載いただきました。

Marisol10月号表紙[15379].jpg

P086[15380].jpg

near_nippon_50430_.jpg

near_nippon_50414.jpg

In Red 10月号掲載

本日発売のIn Red 10月号p.28に、レーヨンサテンパンツを掲載いただきました。

In Red 10月号表紙[15376].jpg

P028[15377].jpg

near_nippon_49342_.jpg

100%レーヨンを使用しているので、重厚感のある光沢が特長です。
メロン・モカ・ブラックの3色展開です。

25an 10月号掲載

発売中の25an 10月号にてコットンリブグラデーション柄ドレスを掲載いただきました。
森星さんの、日本の伝統工芸やサステナブルな取り組みをピックアップしたコーナーに取り入れていただいています。

205771.jpg205772.jpg

205773.jpg
near_nippon_49913.jpg

使用した生地は、京都の染工場にて、職人の手作業で丁寧に捺染した、オリジナルプリント生地。
1つの柄を出すのに、何度も手作業で版を重ねて刷っていく、伝統的な友禅染の技法を使用しています。
水を使わないインクジェットプリントも素晴らしいですが、職人の手作業によるプリントには、
絶対的に伝統工芸の重みと温もりがあります。

IMG_0945.jpgIMG_0943.jpgIMG_0944.jpg

生地は、ユーカリを原料とした再生繊維のセルロース。
環境負荷の少ない素材であるとともに、肌触りが柔らかく、上品な質感が魅力です。

身頃はコットン素材のニット。スカートと袖の接ぎ目は、両挟みリンキングと言って、
ニット部分でプリント生地を挟み、フラットにつなげる縫い目の出ない高度な技法を用いています。

IMG_9898.JPG

多くの職人の方々の協力を得て、出来上がっている一枚です。

1

RECENT POSTS

CATEGORY

ARCHIVE

RSS