near.nippon (ニアーニッポン)

  • Facebook
  • Twitter

INFO

ONLINE STORE ARCHIVE

ニットアイテムのご紹介

2014-01-27-22.50.14.jpg
本日はふんわり暖かなニットのご紹介です。

冬に近づくにつれて、活躍が多くなるニット。
今季はボリュームがあるのにとても軽いニット2型を製作しました。

表面に出ている輪状の糸が特徴的なブークレヤーンと空気を含んだように軽いエアヤーン、2種類の毛糸を使用し、表編みと裏編みのみでチェッカー柄を表現。

表編み部分は糸を浮かせてループ状にし、より立体感を出しました。
最後に専用の液体で洗い、表面を少しだけフェルト化させる加工を施しています。
この加工を施すことにより、ループ上に編まれた部分は結合。

糸同士が絡まり、普通のニットには無い面白い表情になります。

表にエアヤーン、裏にブークレヤーンが出るよう、特殊な編み方をしている為、表から見ると一見ローゲージに見えますが、裏から見ると起毛した糸が集まっているので、とても暖かいのもポイント。
IMG_1057.jpg

オンラインストアでは、ショート丈でどんなボトムとも合わせられるクルーネックタイプとロング丈で首元まで温かいハイネックタイプの2種類をご用意しました。
人気のショート丈は完売となってしまいましたが、ロング丈は残りわずか在庫ありです!!

ZOZOSTROKEでも、ショートロング共にお取り扱いしております。
otherAppsImage-2.jpg
是非是非チェックしてみてくださいね。

オンライン限定ヘアバンド販売

毎シーズンご高評いただいたいる、弊社オリジナルプリントのちりめん素材。
以前にも紹介いたしましたが、京都の染色工場で、職人がハンドスクリーンプリントをしています。

IMG_1034.JPG

今季はちょっとインパクトのあるブラウン柄と落ち着いた印象のブラック柄。
少しだけ取り入れてみようかなという方の為に、ヘアバンドを製作いたしました。
コーディネートのポイントに、いかがですか??
S__2170900.jpg
S__2170894.jpg
只今、オンラインストア限定で販売中です。
数にも限りがございますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ブランドオリジナル刺繍素材について

弊社はここ何シーズンか、オリジナル柄刺繍のテキスタイルを製作しています。
以前にもご紹介しておりますが、繊維の名産地として有名な福井県の工場です。


デザイナーがイメージを出し、工場の方とのミーティングを重ねながら作っていきます。
今回は手書きの模様を基に作っていただきました。


こちらはサンプル刺繍の写真。糸の色や模様の配置、糸をかける回数まで細かく打ち合わせをします。
IMG_0950.jpg


検討の末、完成したテキスタイルは、ベージュの基布にはブロンズのラメ糸で温かみのある印象に。
ネイビーの基布にはシルバーのラメ糸でクールな印象に仕上げました。
IMG_0951.jpg
多頭式刺繍機という、針が何本も並んだ機械で一気に刺繍していきますが、ラメ糸は普通の糸に比べて切れやすい為、慎重に刺していきます。
同じ箇所に何度も糸をかけることにより、厚みを出したペーズリー柄は小さくても存在感があります。

只今、オンラインストアにてジャケットトップススカートの3アイテムを取り扱い中。
IMG_0962.JPG
拘り素材のアイテム、ご覧いただけましたら幸いです。


装苑 10月号掲載

IMG_0729.JPG
IMG_0727.JPG

p31 メタリック特集に
プルオーバーニット
箔プリント衿シャツ
ペイスリー箔ミニスカート
の3点をコーディネートで掲載していただきました。

今季一押しの箔プリントのシャツとスカート、迫力があるコーディネートですが、形はベーシックなので取り入れやすいアイテムです。

14SS 新作入荷しました

だんだんと春の気配を感じるようになって来ました。

near.nipponオンラインショップでも、春の新作をお届けいたします。

今回入荷したワンピースやストールには、明るい気分になれるオリジナルプリントが施されています。

hisayama-print-for-online.jpg

このプリントは、京都の染色工場で職人が「ハンドスクリーンプリント」という技法を用いて、手作業で加工したもの。

日本には昔から伝わる「型友禅」という、型紙と色糊を使用して柄を染め出す技法がありますが、

「ハンドスクリーンプリント」はそれをさらに進化させたものです。

型版を使用することで、同じ柄を連続して染める事ができるのが特徴です。

この京都の工場では、職人が型版を少しずつずらしながら手作業で染めていきます。

hisayama-print-for-online2.jpg

手作業なので、機械では表現できない繊細な色の表現が可能です。


今シーズンの柄は、near.nipponのデザイナーと染色工場の職人が何度も話し合いを重ねて、色とデザインを作り出しました。

手間隙をかけて生まれた自信のプリント生地は、コーディネートの挿し色にぴったりです。


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

RECENT POSTS

CATEGORY

ARCHIVE

RSS